乳がんとは

「乳がん」とは・・・。女性にとってものすごく不安な病気だと思います。
乳がんというのは乳腺に悪性の腫瘍が発生したものを指しています。
初期の場合、症状が無いために気付かない場合が多いのも特徴です。
そのまま放置してしまうとがん細胞が乳腺以外のところにも増殖してしまい、全身へ血液やリンパを使って拡がっていくことになります。
しかし、乳がんというのは早期発見、早期治療をすれば約90%は治る病気です。
だからこそ早期発見が何よりも大切となります。

乳がんになりやすい年齢

乳がんというのは日本人女性が最もなりやすいがんではないかと言われています。
現に二歩人女性の30人に一人が乳がんになると言われています。
年齢的には30代後半から発症するケースが増えてきています。
乳がんの発症のピークは現在では40代~50代と言われています。
昔は更年期を過ぎた女性の発症率は減少していっていたのですが、現在では食生活やライフスタイルの変化により増加していっているのが現実となっているようです。

乳がんになりやすい人

乳がんになりやすい人の項目をあげますので、参考にしてみてください。
 生理周期が短い人
 閉経が遅い人
 出産経験がない人
 初産が高齢出産だった人
 生理になったのが10歳以下と早かった人
 血縁に乳がんになった家族の人がいる人
 婦人科系のガンにかかったことがある人(子宮体がん・卵巣がんなど)
 婦人科系の病気(特に乳腺炎など良性のしこりが出来た場合)にかかったことがある人

 

Copyright © がん医療情報qmeiサイト. All rights reserved