乳がんの早期発見について

乳がんの早期発見には乳房の変化に気づくかどうかにかかっているかもしれません。

乳房に痛みを感じる

乳房に痛みを感じる場合ですが、月経と痛みに関して考えてみてください。
月経が始まる前というのは女性ホルモンの影響で乳房がはったり、痛くなったりする場合が多いです。
この痛みが月経周期と重なって起きるようであれば、病気ではないので心配はいりませんが、月経周期と重ならない場合が何回か続くようであれば、一度専門医に診せる方がいいと思います。
乳房痛のほとんどは治療の必要がないです。また、乳房が痛いなと感じる病気には乳がんの他に乳腺炎、乳腺症、肋間神経痛、乳房の回りにおこる筋肉痛などがあります。
乳房の痛みが日常生活に支障をきたすくらい続くようであれば、一度専門医に診てもらうなど早めの対処をおすすめします。

乳房からの分泌物

乳頭と呼ばれるいわゆる乳首から分泌物がでてくるときがあります。
分泌物はしこりがない状態でもでる場合があります。だからと言ってすべてが乳がんと言うわけではありません。
分泌物がでた場合は慌てずに両方の乳首からでているのか片方の乳首からでているのか乳首の一ヶ所からでているのか数ヶ所からでているのかよく確認しておくようにしましょう。

乳房からの分泌物の色

血が混じっているかどうかでも病気かそうじゃないかの違いがでます。もし血が混ざっている分泌物がでたらすぐ専門医に相談するようにしましょう。
このように乳房の変化だけでも様々な症状があります。少しでも違うなと思ったら専門医に相談するようにしましょう。

 

Copyright © がん医療情報qmeiサイト. All rights reserved