乳がん検診で早期発見

乳がんというのは早期発見・早期治療により治る確率が高いということが分かっています。
乳がんを早期に発見して、治療した人の中で9割の人が完治、または5年生存していることが確認されています。
このことから早期発見によって治る確率が高いということが分かっているので、医師側も告知をして治してもらおうというケースが多いようです。

マンモグラフィ検診の浸透

アメリカやイギリスというのは乳がん大国であると言われていて、乳がん発生率は増加しています。
しかしここ最近乳がんでの死亡率は減少しているということも分かってきています。死亡率が減少している理由としてはマンモグラフィの検診が浸透しているからだと言われています。
アメリカやイギリスでは40代から50代の人のマンモグラフィ受診率は70%であると言われています。しかし日本ではわずか数10%の受診率しかなく、逆に乳がんの発生率と死亡率は増加しているのが現状のようです。
その死亡率や発生率の増加を防ぐために大切な役割としてマンモグラフィ検診というのがあると思います。

マンモグラフィ検診の浸透

マンモグラフィというのはまだまだ日本人にとって、名前は浸透していても実際に受けた人は少ないと思います。
そのマンモグラフィの内容というのはなかなか分からないのが現状態度思います。
マンモグラフィ検診内容はいったいどういうことが行われているのでしょうか?
問診→視診→触診→マンモグラフィという順番で行われていて、マンモグラフィは軟X線を用いて乳房の撮影を行います。
これで早期発見が可能になりますので是非受診するように常習化しましょう。

 

Copyright © がん医療情報qmeiサイト. All rights reserved