乳がん検査のマンモグラフィについて

マンモグラフィ検査というのは、ごく早期の石灰化になっている乳がんを発見することができる乳房のX線検査のことで乳がんの早期発見に大きな効果があると言われています。
そういった利点の逆でマンモグラフィはX線検査なのですからその被爆が挙げられると思います。
その為に、マンモグラフィ検査は妊娠中の方は例外を除いては受ける事が出来ないことになっています。また被爆の事を考えると何度も受ける事は望ましいことではありません。

マンモグラフィの必要性

また乳がんになる可能性が高くなってくる年齢になればなるほどマンモグラフィを受けた方がいいと医師にすすめられる可能性があります。それはだいたい30歳を境にしてすすめられると思います。
その逆で若ければ若いほど乳腺の密度が高いためにマンモグラフィではしこりが発見されることが難しくなってきます。
そういった場合には超音波検査という検査が有効だと言われています。
またマンモグラフィは痛いというイメージがあることから受ける事を躊躇する人が多いと思います。
確かに昔は乳房を鉄板のようなものではさんでいたので痛かったと思いますが最近ではアクリル板のようなものではさむために昔のような痛みは無いというように思われます
。ただし個人差がありますので痛みはその限りではありません。
しかし、その痛みを軽減するために月経が終わった乳房の張りや痛みが少ない時期に行うのがいいのではないかと思います。
マンモグラフィを有効活用して乳がんを早期発見するようにしましょう。

乳頭や乳輪部の変化

乳頭や乳輪部などにアトピー性皮膚炎湿疹のような湿疹が出来ることがあります。この場合は副腎皮質ホルモン軟膏というのを使って改善していくことになります。
これとは違って乳頭がただれて治りにくく何回もかさぶたがびらんとなっていく場合がありますが、これは特殊な場合の非浸潤がんの場合に起こる症状です。
またパジェット病である場合もありますのでこういう状態になったら要注意ですので、早めに専門医を受診するようにしましょう。

脇の下にしこり

脇の下にしこりが出来ることがありますが、乳がんがリンパ節に転移している場合は脇の下にしこりが出来る場合があります。
この脇の下のしこりというのは腕の怪我などでも腫れておこる場合があるので一概にガンとは言えませんが、乳房や脇の下のチェックというのは常日頃行っておく必要があります。

皮膚がくぼむ変化

しこりが悪化して皮膚の表面にまででてくるとえくぼのように皮膚がくぼんだり、皮膚がひきつれたりすることがあります。
最初のうちは乳房をつまむことでへこみが分かる感じなのですが、進行するにつれて何もしなくても見ただけでくぼむようになってきます。
また皮膚がオレンジの皮のようになったり痛みや熱を伴ったりする場合もあります。
だからと言って必ずしも乳がんであるとは限りませんが、専門医に相談して判断をあおぐようにしましょう。

 

Copyright © がん医療情報qmeiサイト. All rights reserved