乳がんは自分で発見できる

乳がんは自分で発見することができる数少ないがんの中のひとつです。
ですから病院での定期検診の他に自分で行う自己検診もするようにすることが早期発見に繋がります。

自己検診をするタイミング

自己検診をするタイミングですが、閉経前の方は生理周期と照らし合わせてみて生理終了後4~5日の間に行うのがベストのタイミングだとされています。
また閉経後の方は毎月特定の日を決めて検診する日にするようにしましょう。
そうすることでちょっとした変化にも気づきやすくなるようです。
乳がんが比較的出来やすいと言われている場所は乳房の外側の上部とされていますが、だからと言ってそこだけを調べるのではダメです。
乳房の全ての場所に可能性はありますので、まんべんなく調べるようにしましょう。

自己検診の方法

では、いったい自己検診にはどんな方法があるのでしょうか?
自己検診にはふたつ方法があり、目で見る視診法と手で触る触診法です。

目で見る視診法

視診法は目で乳房の変化を確認する方法で、入浴前に確認するようにすると日課として忘れずにいいと思います。

手で触る触診法

触診法は手で触って変化を確認する方法です。
入浴時や就寝時に確認するようにすると日課とすることが出来ます。その際は指がきちんと滑るように石鹸やパウダーなどを使うようにするといいようです。
触るときにはなでるようにしても意味がありませんので適度な圧力を加えて触るようにしましょう。

自己検診で異常が見つかった場合、すべてが悪性とは限りません。ですから慌てず怖がらずなるべく早めに専門医(外科、婦人科)を受診するようにしましょう。

 

Copyright © がん医療情報qmeiサイト. All rights reserved