乳房の変化に気付く

乳がんを早期発見するためには日頃の乳房の変化にいち早く気付くことが大切です。
どういう変化に対して気付くようにしたらいいのか具体的に紹介します。

乳頭や乳輪部の変化

乳頭や乳輪部などにアトピー性皮膚炎湿疹のような湿疹が出来ることがあります。この場合は副腎皮質ホルモン軟膏というのを使って改善していくことになります。
これとは違って乳頭がただれて治りにくく何回もかさぶたがびらんとなっていく場合がありますが、これは特殊な場合の非浸潤がんの場合に起こる症状です。
またパジェット病である場合もありますのでこういう状態になったら要注意ですので、早めに専門医を受診するようにしましょう。

脇の下にしこり

脇の下にしこりが出来ることがありますが、乳がんがリンパ節に転移している場合は脇の下にしこりが出来る場合があります。
この脇の下のしこりというのは腕の怪我などでも腫れておこる場合があるので一概にガンとは言えませんが、乳房や脇の下のチェックというのは常日頃行っておく必要があります。

皮膚がくぼむ変化

しこりが悪化して皮膚の表面にまででてくるとえくぼのように皮膚がくぼんだり、皮膚がひきつれたりすることがあります。
最初のうちは乳房をつまむことでへこみが分かる感じなのですが、進行するにつれて何もしなくても見ただけでくぼむようになってきます。
また皮膚がオレンジの皮のようになったり痛みや熱を伴ったりする場合もあります。
だからと言って必ずしも乳がんであるとは限りませんが、専門医に相談して判断をあおぐようにしましょう。

 

Copyright © がん医療情報qmeiサイト. All rights reserved