触診法で乳がんの早期発見

乳がんは早期発見、早期治療で治る確率がぐんと高くなる病気です。
定期的に病院で検診を受けるのが一番いいですが、まずは手軽に自分で行う自己検診からやってみてはいかがでしょうか。
ここでは自己検診のひとつである「触診法」について紹介します。

触診法とは

「触診法」と言うのは文字どおり手で触って確かめる方法です。
検診がしやすいタイミングとしては就寝時、または入浴時がいいと思います。就寝時には胸にパウダーなどを付けて触診すると滑りやすいし、入浴時には胸に石鹸などを付けて触診すると滑りやすいし検診しやすいと思います。
触診法を行うにおいて、注意点を挙げてみますので参考にしてみてください。

乳房の内側(右)

仰向けに寝て右手を頭の下に入れるようにします。
触診する手は左手の指の腹で、乳首より内側をまんべんなく適度な圧力を加えてゆっくり触っていきましょう。この時に注意することは決してさっと撫でるように触らないと言うことです。

乳房の外側(右)

乳房の外側を触診します。背中側から乳首の方に向かって触診していくようにしましょう。

乳房の内側(左)

触診方法は右側と同じです。手を逆にして行うようにしてください。

乳房の外側(左)

触診方法は右側と同じです。

脇の下

右側の脇の下から触診します。左手の指の腹を使って触診をし、しこりがあるかないか、腫れている部分があるかないか調べましょう。
右側が終わったら左側も同様に行いましょう。

乳首

つまんで軽く絞るようにしてみましょう。血液が混じったような分泌物がでるかどうか確認しましょう。

 

Copyright © がん医療情報qmeiサイト. All rights reserved