乳がんの症状とは

乳がんとはどんな症状があるのかよく知っておくと、安易な自己判断することなく「専門医に相談」という形になるものです。
ここで乳がんに関する症状について紹介します。

乳がんの初期症状

始めの症状ですが、病院に来る人の3大症状に「しこりがある」「胸が痛い」「乳頭から血が混ざっている分泌物がでる」ということがあげられます。
乳がんのしこりと言うのは1センチ位になると自分で見つけることができるようになります。
小さいほど治る確率も高くなるために、自己検診で早期発見をすることがとても大切になってきます。
ただ自己検診でしこりを見つけたからと言って過剰に反応しないようにしてください。
しこりの大半は病的なものではないし、病的なものであっても乳がんだとは限りません。
しこりを見つけたらまずは慌てずに専門医を受診するようにしましょう。

乳房のひきつりやえくぼ

乳房の皮膚がひきつれていたり、えくぼ状になったりすることがあります。これはしこりが皮膚の表面に近いところにある場合、皮膚が引っ張られてできるからです。
また赤く腫れたりする場合もあり、これらの症状は硬がんの特徴でもあるようです。

脇の下の腫れや手の痺れ

乳がんはリンパ節に転移しやすいです。乳がんの近くにあるリンパ節は脇の下にあり、そこに転移してしまうと脇の下あたりが腫れてしまったりリンパ液の流れが悪くなったりします。
それが原因で神経が圧迫されることがあり、手が痺れるという症状がでることもあるようです。

乳房の皮膚の炎症

乳房の皮膚が赤くなる場合があります。この様子がオレンジの皮みたいなことから「橙皮とうひ」や「豚皮とうひ」と言うように表現されているようです。
また、この状態のときに痛みや熱を伴う場合は炎症性乳がんの傾向がありますので早めに専門医を受診することをおすすめします。

 

Copyright © がん医療情報qmeiサイト. All rights reserved